空家利活用

空家対策&利活用は「地方創生」の拠点創りです。
空家を効果的に活用することで地域は活性化されます。

空き家を改修して何をするの?

平時は民泊・店舗や作業所・就労支援事業所といった収益物件にもできます。
万が一災害が起きた場合には「指定緊急避難場所」として提供することで命を救うことができます。
また、他の地域から避難してくる被災者の方々を受け入れることもできるのです。

改修(利活用)の一例

・移住希望者の宿泊施設
・移住者の住居として
・地域おこし協力隊の住居
・インバウンドを見越した和風民泊
・地域に必要な事業所として

自治体が所有する物件の活用は?

・災害が及ばない地域の空家を避難リュック&思い出の品の保管所に
・廃校を利用して民泊、避難所、各種学校運営(民間)の拠点に
・市営住宅を「ペット同行避難所」に
町の活性化につながります。

例えば民泊

 

 

 

 

 

所有者または所有権を持った市町村と相談のうえ建築士が改修設計し工事を行います。
民泊にしたあとの集客や運営は
一般社団法人空家空室対策推進協会と当組合の
空家空室対策士がサポート致します。
空き家を放置せず、民泊オーナーになることをご検討ください。

お気軽に問合せフォームからご相談ください。